痛みを全く感じない医療レーザー脱毛は難しいもの

脱毛は痛いというのは言い伝えられてきたようなものですが、痛みを感じない病院での医療レーザー脱毛は難しいものです。

痛いと感じる脱毛法は、ほんの10数年前まで流行っていた、エステサロンの脱毛法にも理由があります。90年代から2000年代は、エステサロンの脱毛は光ではなく、針脱毛を主流としていたために、それは痛みが激しい脱毛法で、女性たちは脱毛を耐えていました。その名残もあって、今でも脱毛は痛いというイメージは拭えない部分はあります。今の時代でも医療レーザー脱毛では、だいたい痛みを伴います。

ただ医療レーザーは性質上からも、施術の時に痛みを全く感じないのは困難を極める部分はあります。表面麻酔を推奨していて、表面の違和感を少なくすることも、別途費用の発生でできますが、麻酔クリームを使っても無痛にはなりません。医療レーザー脱毛の機器は特殊であり、アレキサンドライトレーザーのマシンと、ダイオードレーザーのマシンは、国内でも代表的な医療レーザーです。

輪ゴムではじかれたような痛みを感じますのは、アレキサンドライトレーザーのレーザー機器です。表皮にチクチクした痛みを感じますのは、ダイオードレーザーのタイプです。だからレーザーでの脱毛機器は、それぞ俺の種類により、感じる刺激は異なるのです。なるべく痛みが少ないマシンを希望だったら、最初からダイオードレーザーを選ぶのが無難です。施術の方法を最初に確認して、脱毛に通うクリニックを選び契約をすることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *