スマホ時代に知って起きたい言葉:SIMとは?

スマートフォンが初めて世に出てきてから久しく、既に従来の携帯電話はすっかりスマートフォンに置き換えられてしまいました。
そんな中で耳にすることが増えた用語の一つが「SIMカード」です。


よく耳にはするが何だかよくわからない、聞いたことが無いという方も、しっかり理解しておくことをおすすめします。
なぜなら、あなたが今使用しているスマートフォンには必ずSIMカードが搭載されているからです。



SIMカードとは、電話番号を特定するための固有のID番号が記載されたICカードのことです。



端末の機種によって異なるサイズがありますが、いずれもその端末が通信するために必要な情報を搭載しており、これ無しでは基本的に通信することができません。

この通信に必須なSIMカードは各通信会社から購入し端末に自由に抜き差しできるのですが、これまであまり一般的に認識されていなかったのは、日本では基本的に、契約をした通信会社が端末に「ロック」をかけ他の通信会社のカードを使用できないようにしたために、利用者個人が端末のカードを入れ替えるという概念を持たなかったからです。



しかし今は、こうしたロックを利用者の要望に応じて解除することが義務付けられ、利用者が会社の縛り無くSIMカードを自由に選ぶことができるようになりました。

特に最近では、従来の通信会社以外の会社から格安での通信が可能なカードが販売されており、選択肢の幅が非常に広がっているのです。