SIMカードの使い方や入手方法

スマートフォンを利用していると「SIMカード」という言葉をよく耳にすると思います。
しかし、よく耳にするだけでどういったものか理解できていない人も多いです。SIMカードとはスマートフォンや携帯電話を特定するための固定のIDが登録された、通信するために必要となるカードのことです。

これがあることにより、その端末が誰のものなのか特定することができます。簡単に表すとこのカードは、スマートフォンや携帯電話の身分証明書のようなものです。

SIMカードはオンラインショッピング等で手に入れることはできます。
支払う料金は使用料、契約料で本体価格ではありません。


通信会社からの貸与品であり購入しているわけではないため、契約終了時に返却義務が発生するという場合も多くあります。



カードにはサイズがありスマートフォンや携帯電話のサイズとあっていないと使うことはできません。

サイズは3種類有り「標準」「マイクロ」「ナノ」と分かれています。
基本的にはサイズがあっていないと使えませんが、小さいカードの場合はカードのサイズを大きくする変換アダプターを使うことによって使うこともできます。使用方法はカード差し込み口にそのまま差し込むだけです。
差し込んだあとはカード情報を設定する必要がある場合があります。

スマートフォンや携帯電話と同時に購入した際は、既に設定された状態であるためカードの挿入をするとすぐに使うことができます。



カード情報の設定として通信方式とアクセスポイントの設定を行う必要があります。

その設定を行うと3Gや4Gなどが表示され通信を行うことができます。